【書評】国家がよみがえるとき 持たざる国であるフィンランドが何度も再生できた理由

本書はフィンランドの大学教授や元国会議員、小中学校校長など、多数の人物からのエッセイから成り立つ本である。フィンランドの話では有るものの、日本の抱える問題とオーバーラップするような普遍的な話題も多くて、考えさせられる本だった。

国家がよみがえるとき 持たざる国であるフィンランドが何度も再生できた理由

国家がよみがえるとき 持たざる国であるフィンランドが何度も再生できた理由

 

 フィンランドと言うと、教育が素晴らしかったり、男女平等だったり、福祉国家だという印象があるかもしれないが、実際のところは言うほどでもなく、この本を読むと、これらの偏見は如何に間違っているかということが分かる。

例えば、一時期、フィンランドの教育は素晴らしいと世界中から礼賛されたことがあったが、それに対して当のフィンランド教育会自信が驚いていたようだ。というのも、フィンランドの教育は各学校、教師の自主性によることが大きく、これがフィンランドの教育というものが無いそうだ。また、福祉国家という印象も強いが、最近では財政難で福祉予算が削られていき、もはや福祉国家とは呼べないよくある普通の国となっているそうだ。

本書では教育についても、多くのスペースを割いて議論を行っているが、その中に大変考えさせられる文があったので紹介したい。

「国民の形式的な教育水準と経済的繁栄は、良い意味で相関関係にあるが、この関係は、あまりにも額面通りに解釈されたため、質を犠牲にして、形式的な教育制度をますます増長させるようになった。その結果、ほとんどの先進国で、学位がインフレ化 し、学習という概念が表面的になるという問題が生じた。あわせて、学生、教員、教育部門の役人すべてが、「能力と資格」という二つの概念を混同するようになった。」

古市憲寿; トゥーッカ・トイボネン. 国家がよみがえるとき 持たざる国であるフィンランドが何度も再生できた理由

これは、ユッシ・T・コスキという、フィンランドの小中学校校長、著述家のエッセイにある一文であるが、 これについては日本でもよく考えないとならないテーマではないかと思う。

例えば、よく、大学を出たところで何の易にもならないという批判が有り、実際、大学を卒業した人で、大学で何が得られたかを明確に語れる人は多くないかもしれない。しかし、よく考えると、それは、社会、あるいは政治政策がラベルを量産することに執心した結果であるので、それがそもそも正しいアウトプットなのかもしれない。

では、本来、高等教育では、ただのラベルではなく、どんな能力が習得されるべきかを明確に言える人はどれほどいるだろうか。また、大学ではラベルだけなので、大学を潰せば良いという発想だと、そもそも本来、高等教育機関が設立された理念である、高度人材の育成はどこへ行ったのか、よく考える必要があるのではないだろうか。また、工業化や人口知能のすさまじい高度化が進み、単純作業はほとんど人間が行う必要が無くなりそうな昨今、人間がエクセル方眼紙を埋める仕事をするのではなく、学術、芸術、スポーツ、家族との団欒などに時間を使うべきではないのか。そんなことを思わされる本だった。

本書では、教育以外にも、福祉、ニートなどフィンランドにおける色々な話題を取り扱っており大変面白かった。理想国家などそうそうないのだという事がよく分かる。

【書評】サイエンス・インポッシブル SF世界は実現可能か

ミッション・インポッシブルというとスパイ映画を代表する映画であり、トム・クルーズ演じる特殊工作員の主人公が、不可能と思える任務(ミッション)を遂行していく映画である。おそらく、そのミッション・インポッシブルにインスパイアされたサイエンス・インポッシブルというタイトルの本が大変面白かったので紹介したい。

サイエンス・インポッシブル SF世界は実現可能か

サイエンス・インポッシブル SF世界は実現可能か

 

 本書は、SF作品ではおなじみとなった技術が、実際問題どの程度実現可能かを、最先端科学の視点から述べたものである。たとえば、スタ・ウォーズ、スター・トレック超時空要塞マクロスなどでは、超光速航行、つまりワープが多用されているが、このワープを実現するためにはどう言った可能性が得られるかなどが議論されている。

ワープ技術の実現方法は、いまのところ具体的に2種類あると考えられている。1つめはワームホールを利用したものであり、2つ目は負のエネルギーを利用したものである。ワームホールを利用したものは聞いたことはあったが、負のエネルギーを利用する技術は本書で初めて知った。負のエネルギーを利用する方法は、アルクビエレ・ドライブと呼ばれており、負のエネルギーを持つ物質であるエキゾチック物質を用いて空間を圧縮し、その圧縮された空間を宇宙船が航行するという寸法だ。

この負のエネルギーは荒唐無稽なものと思われるが、実のところ、1958年に既に実験室レベルでは観測されているらしい。これは1948年にオランダの科学者カシミールが予言したエネルギーのため、カシミール効果と呼ばれている。問題は、カシミール効果で得られるエネルギーは極めて微小なものであるということだ。

なお、空間を圧縮させて航行するためには、エキゾチック物質を用いて、ビッグバンとビッグクランチを発生させなければならず、これには尋常でないエネルギーが必要だ。そのため、超光速航法を実現するためには銀河レベルのエネルギーをコントロール出来るような科学技術を持つ文明でなければならない。

本書では、このように様々なSF技術について科学的根拠を示しつつ解説を行っている。超光速航法以外には、不可視化、テレポーテーション、タイムトラベルなどが解説されており、これ一冊で良質なSF作品をいくつも視聴した感覚を覚える、大変オススメの書籍である。

【書評】史上最強の哲学入門

哲学というと難解なイメージが有り、長い間あまりその意味を見いだせないでいたが、抽象的な視点から物事の本質を捉えるための参考になるのではと思い、最近、哲学の本を読んでいる。といっても、本格的なものではなく、比較的易しめの入門書だが。最近、「史上最強の哲学入門」という本を読んだが非常に面白かったので紹介したい。

史上最強の哲学入門 (河出文庫)

史上最強の哲学入門 (河出文庫)

 

 本書の特徴は、数々の哲学者をグラップラー刃牙の登場人物よろしく、論を戦わせている体で紹介していることである。しかし、グラップラー刃牙成分はそれほどないように思うので、グラップラー刃牙の知らない自分でも楽しめた。

内容は、おそらく高校の倫理ぐらいのものだと思うが、ほぼ理系科目しか履修してこなかった自分には非常に新鮮だった。例えば、ソクラテスプラトンアリストテレスの流れはなんとなく知っていたものの、ソクラテスから始まり、ソクラテスの弟子のプラトンイデア論(いうならば理想世界)を目指したものの、プラトンの弟子のアリストテレスイデア論を否定し現在の学問の礎を築いたというような、流れが非常に面白く、かつ明解に書かれてある。

わかり易さの理由はやはり、刃牙を意識しているからだろう。一般的に、教科書は事実の羅列でしか書かれておらず、極めて退屈なものになりがちであるが、こちらの書は比喩が多く、論が論を倒すという、いわゆるバトル漫画チックな展開で書かれているので大変面白く読むことができた。

ちなみに、 本書で紹介している論の中で特に気に入ったのは、ソシュール記号論の話である。ソシュール以前の言語学では、言語のルーツや変遷などを調べる、いわゆる考古学に近い内容であったらしい。しかし、近代言語学の祖であるソシュールはそう考えずにいた。

ソシュール以前は、「りんご」という言語は、赤い果物を表すためのラベルであると素朴に考えられていた。しかし、ソシュールは「言語とは差異のシステム」であると区別したのだ。すなわち、りんごを他のものと区別する必要があるから、「りんご」という名前がつけられたということになる。これは、言葉と人間の認識・価値観が密接に関わっていることを意味している。実際、区別する価値観、文化がなければ名前はつけられない。例えばフランス語のパピヨンは、蝶と蛾の両方を表しており、これは区別する必要性が無かったからであると本書では述べている。

ソシュール記号学以外にも、ニーチェハイデガーサルトルなど、様々な哲学者の論を、平易な言葉と比喩で説明しており、これらに少しでも興味があるならおすすめの書であるといえる。逆に、哲学をかじったことがある人にとっては、易しすぎるかもしれない。

研究不正のインセンティブ

なぜ、研究者は研究不正を行うか。それは、ぶっちゃけて言うと、得だから(得だと思うから)である。では、なぜ得だと思えるのかを考察してみた。

  1. あなたは今、賞与として100万円もらえることが決定してしている。いま、その賞与を投資することが出来、50%の確率で200万円になって返ってくる事がわかっている。しかし、残りの50%の確率で投資が失敗して0円になってしまう。投資しなければ100万円は手元に必ず残る。あなたは投資をするだろうか?
  2. あなたは今、失敗を補填するために100万円払わなくてはならない、しかし、ある投資に乗ることで支払いを免れるかもしれなく、成功する確率は50%である。ただし、投資が失敗した場合は合計200万円を払わなくてはならない。あなたは投資をするだろうか?

1, 2のどちらも賭けに成功したら+100万円、負けたら−100万円という点では同じである。しかし、はじめの基準点が違い、1では、100万円貰えることが確定してからのスタートで、2では、100万円失うことが確定してからのスタートでとなっている。プロスペクト理論では、人間は損失回避的に物事を決定すると説明している。

つまり、1のような場合は、多くの人は賭けに乗らず、安定して利益を獲得できるような選択をする。しかし、2のような損失が確定している場合は、多くの人がリスク追求的な行動を取り、賭けに出るようになる。

さて、ではここで、次のようなシナリオを考えてみよう。

  • あなたは任期付きの研究員であり、今のところ目立った業績はあげておらず、業績がなければ半年後には無職になることが決定しているとする。しかし、研究不正を行って業績を水増しすると、今後も職にありつけることがわかっており、研究不正が発覚しない確率は50%以上で、不正が発覚しなかった場合より良い待遇も得られる可能性が大きい。何もしなければ確実に失職だ。あなたは研究不正を行ったほうが得だと思うだろうか、損だと思うだろうか。

損失が確実な場合は人間はリスク追求的な行動を取ると知られている。研究倫理では不正は良くないと言うが、インセンティブ的に不正を行ったほうが良い場合はどう考えればよいのだろうか?不正を行った個人が悪いのか、監督者が悪いのか、社会システムに問題があるのかよく考えないといけないのでは無いだろうか。京都大iPS細胞研究所の山中先生が研究不正の監督責任をとると言っていたが、責任を取ることと本質的な問題解決はまた別のところにあると思わざるをえない。

ちなみに、研究不正にもいろいろな種類があり、捏造、剽窃などよく知られたものから、ギフトオーサーシップもある。捏造、剽窃は良く叩かれるが、ギフトオーサーシップは個人的な観測範囲では黙認される事が多く、研究に関わったとは到底言えない人が著者に入っていたりするが、なぜだか問題になることは多くない。要するにゴーストライターみたいなもんなので、問題だと思うのだが。

プロスペクト理論や、損失回避性、損失が確実なときにリスク追求的になる話などは、ファスト&スローという行動経済学の著書に詳しく書いてあるので、興味のある人は是非読んでみて欲しい。